<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
小学校に入る前に、この先行体験を!その13
春休みになりました。

キッチンで実践していただく工夫をご紹介します。

夕食にキャベツを使う日

cabbage

お子さんと料理をたのしみながら

2分の1にしようか(割合)

2分の1から人数分に等分を(割合)

 2分の1にしたあと、重さはどのくらいかな。(単位)

ぁ―鼎気わかったら、それを人数分に分けると何gかな。

などなど。
今回からこの内容を動画で
ご覧いただけるようになりました。
よろしければこちらをポチッとしてみてください。



動画でのご説明は、1週間弱です。ご了承ください。

小学校に入る前に、この先行体験を!その12
今回は、時間についてです。

時間で苦手意識がでるのは
「単位の返還」
時間➡分➡秒

その他に、割合、速さ、時差

「速さ」に関しては、
電車や車の速さのほかに
あまり経験したことがない船の速さ、
そして、さらに
デジタル時計が多くなったにもかかわらず
アナログ時計を使った「時計算」
長い針と短い針が追いかけっこしている。
二つの針の間が90度になるのはいつですか。
というようなものですね。

毎日、時間と付き合っているはずなのに、
いざ、時間を問う問題になると
子どもたちは連呼します。
「面倒だ!」「面倒だ!」

この対策には「頭で思い浮かべて考える体験」が必要です。

低年齢のころから、
「頭で時間を想定する体験」
「頭で考える体験」

そして、少しずつでよいので
「処理能力・段取り力」育成を意識しておきます。


たとえば、一例をあげるとすると

幼稚園年長さんの場合、
土曜日の夜、日曜日にすること(予定)を書き出しておくようにします。

お子さんに声をかけ
「明日は、○○をやらないとね」と
項目の列挙にお子さんに参加してもらうようにします。

または、〇と〇ではどちらを先にやりますか。
と声をかけて
お子さんに決めてもらってもいいですね。


〇〇時からは〜にしようね。というように
時間を体験できるようにしていきます。

予定を書き込むホワイトボードがあったりすると
楽しそうですね。

そして、〇〇は何分で終わらせよう!と
ここで時間計算を体験させるようにします。

お子さんにやらせるのではなく
アナログ時計を使って、
今は9時でしょ。
15分で終わらせられるようにがんばろう。
ということは…
長い針はここだね。
あれれ、短い針も動いてきたよ。

そんな会話ができるといいですね。

最初は思うようにいかないかもしれませんが

できたらほめてあげる。
できなければ、
叱るのではなく、
どうしてできなかったのかを
一緒に考えてあげるようにしていきます。

お子さんは楽しいことは
率先してやってくれるものです。

できないときは
楽しくなるように工夫してあげてください。

自動車 路線バス でんしゃ

お出かけの時は、
チャンスです。

乗る時間をメモ帳などに書き出します。
(下記は実際に幼稚園年長さんが書き出したものです。
先行体験をはじめて1年程度経過しています)

jikan_1
↓↓ ↓ ↓ ↓
降りたら、到着したらまた書き込む。

(実際に生徒が計算をしていますが、
約1年ほどかけて、繰り返し体験させたのち
自分でできるようになっています。
決してお母さまが教えたのではなく、
お母さまがお子さんの前で
実際に計算するのを見て覚えました)

jikan_2

1時間は60分なんだよ。と声をかけながら
かかった時間をお子さんの目の前に計算してあげるようにします。

春休みをむかえます。
こんな工夫で時間に関する先行体験を
させてあげてはどうでしょう。


小学校に入る前に、この先行体験を!その11
今回も前回同様、お金を活用した
先行体験具体例をご紹介します。

家計簿の整理や、お財布の整理をするときに
硬貨を数えながら
「いくらあるかな」といい、
100円になるように組み合わせてもらいます。
そのあと、
「100円にするにはどんな硬貨の組み合わせがあるかな」
「もうひと組み100円をつくるにはいくらあればいいかな」
などと、声をかけてみます。

受験学習では、「組み合わせ」の問題が多く出題されます。
数を合わせる、数を分配する、そんな基礎力も必要です。

ですが、机上でいきなり教えられると
組み合わせは面倒だ!となってしまいがちです。

「組み合わせ」の問題を解くには
条件を理解し、
ひとつひとつていねいに
処理をしていかねばならないからでしょうね。

だからこそ、机上で学ぶ前に、生活の中で
数字を扱う体験を
繰り返しさせてあげてほしいと思います。

何かを購入し支払いをする際に10円、5円、1円を扱って
できるだけ細かいお金を使えるように工夫したり、

前回ご紹介したように
限度額を決めて買い物をさせるなど
工夫は山のようにあると思います。


小学校に入る前に、この先行体験を!その10
今回から、お買い物のときにできる先行体験具体例についてです。

「今日の買い物は○○円で済ませたいんだけど」と提案します。

「あなたのお菓子を買いたいんだけど、予算は○○円ね」と提案します。

最初は限度額を「100円」「200円」程度に設定します。

それをなんどか体験させたのち、

今度は額を増やして
「今夜はカレーライスにしたいんだけど、
予算1500円で○○と○○と○○を調達したいんだけど」と提案します。

カレールーのパッケージを見ながら、
材料を確認。
また、人数からその量をチェックし、
最後に予算に合わせて材料を調達します。

最初は時間がかかりますから、
時間に余裕を持って出かけるようにしてあげてください。

また、口出しをしたくなりますが、
そこは失敗することも大切なので、
我慢して見守ってあげてください。


先行体験を成功させるポイントは、
体験の最初のころは
できるだけ成功できるような提案をすることです。

お子さんは「成功体験」(ほめられる体験)を
繰り返すことで自信が芽生えます。
するとお子さんは、どんどん難題に挑もうとしてくれるはずです。

その体験の過程では、
机上では得られない基礎力、応用力を鍛えるカギが
たくさん眠っています。

どうかゆっくりと、
少しずつ、
繰り返し体験させてあげてほしいと思います。

小学校に入る前に、この先行体験を!その9
コップをつかって「見た目」と
実際の違いを知る先行体験です。


コップにはいる水の量は底面積の広さが関係することを体験させます。

背が高く、たくさん入りそうだと思っても、
入っている量をはかってみると
おもっていたほどの量でないことがあります。

また、厚みのあるコップの場合も同じです。

お子さんに、いくつかのコップの中から
いちばん入りそうなものを選んでもらい、
水などをいれてみます。

その後、実際の量を確認してもらいます。

体験をしたあと、
どうして思った以上にはいらないのか、
逆に、見た目より入っていた場合も
どうしてなのか、
話をしてあげてほしいと思います。

小学校に入る前に、この先行体験を!その8
今回は「かさ」についての体験です。

毎日使う「コップ」に注目です。

お子さんの年齢にもよりますが

まずは、コップに入った水の量を計ってみる、

なんて体験からはじめられてはどうでしょう。

つぎに、キッチンなどで
いろんな場面を活用して、
水の量を計ってみる体験をしてもらいます。

ときには100mL(ミリリットル)ということもあるでしょう。

1L(リットル)ということもあるでしょう。

また、5奸淵掘璽掘次砲箸いΔ海箸發△襪任靴腓Α

そんな体験を繰り返しながら、
コップにはいる水の量は
底面積の広さが関係すること

わかるようになってくると面白いですね。

背が高く、
たくさん入りそうでも、
思っていたほど入らない。

また、厚みのあるコップの場合も同じです。

そんな体験をして
「かさ」が身についていくと
「かさは苦手」と思うこともないのではないか、
と考えています。

そんな体験はどんな工夫でさせてあげられるか。についてです。

毎日飲む牛乳やお茶の量を
軽量カップを使って量る仕事を
お子さんにお願いするというのはいかがでしょう。

「お父さんは牛乳を200mLね」
「お母さんはお茶を200mLね」

mⅬ、L、奸△覆秒碓未鯢修錣晃譴
繰り返し使いながら、
あれれ、同じ量なのにコップに入ると牛乳とお茶の高さがちがうよ。
というようなことに
気づけるようになってくれると思います。

次回もかさについての先行体験です。

小学校に入る前に、この先行体験を!その7
お子さんがつまずきやすい項目(分数・割合など)
先行体験実践編

ホールケーキ(円形のケーキ)を人数分に均等に分ける、を題材にして「等分」を体験します。

ホール状のケーキを前に

何等分にすればいいかな。と声をかけます。

お子さんが「4人分」とおっしゃったとします。

そこで

近くにある紙(正方形でも長方形でもよい)を

4つに折り、中心角90度の形を体験してもらいます。

その角度をケーキに当てはめて考えてみます。

ここで4等分と90度

さらには円の中心角は360度を体験することができます。


90度をイメージできたら、

実際にケーキにナイフをいれます。

そのとき中心点を通る必要があるので

中心点も体験することができます。


そんな体験のあとは、

日常生活で、

円形のハムや正方形の食パン、

ニンジンやダイコンなどを切る体験をさせるようにします。


体験したことの繰り返しを絶やさないようにします。


そして、さらにそれらに慣れてきて

「中心角は90度だね」

「中心点を通って8等分すればいいんだね」

「8等分だから中心角は45度ね」

「1本のキュウリを5人で分けるんだから

5枚でひとり1枚、
10枚でひとり2枚、
15枚でひとり3枚ずつか…

1本のキュウリを3等分して、

それを5枚ずつに切れば15枚だね。

そんなに会話が弾むかどうかわかりませんが

お子さんの口から自然と言葉が出るまで

親は当たり前のように

体験させ、その際に言葉を使うことをし続けます。

ここがミソですね。

ちょっとだけ、我慢をして頑張ってみてください。

次回も算数の先行体験についてお話したいと思います。

このブログは毎週金曜日に更新されます。

2月3日は中学受験の最中につき、
急きょお休みをさせていただきました。
お詫び申し上げます。
結果はどの子にも桜が咲き、
おかげさまで
現在はホッとした時を過ごしております。

sakurasaku

小学校に入る前に、この先行体験を!その6
実践編です。

サラダの材料をお皿の数にあわせて配分する。

こんな日常の体験が、分数、小数、割合は
もちろん文章問題などの土台をつくります。


ママが切った野菜やゆで卵などの材料を
お皿の数にあわせて等分する作業です。

たとえば、5人家族の場合、

キュウリ1本をいくつに分配すれば
均等に分けることができるか。

ゆで卵は、トマトはなど

材料の数に合わせて分配することができます。

この体験はわり算を学ぶときの基礎力にも生かせます。

また「残り」がでることがあります。

そんなときは「残ったもの」をどうするか、
親子で考えてみる機会にしてみてください。

お子さんの面白い発想力を引き出すことが
できるかもしれません。

次回も実践編をご紹介したいと思います。

小学校に入る前に、この先行体験を!その5
関西圏、埼玉の私立中学校受験結果が発表され、

千葉の私立中学校も少しずつ結果が開き始めています。

今のところ、全勝で通過をしています。

奮闘した子どもたちのがんばりにはあっぱれ!で、

感服し、ご両親には感謝なのですが、

東京の学校への足掛かりとしては

全勝が良いことなのか、

考えてしまうこともあります。


毎年、この時期に思うことは、

やはり基礎力だ、ということです。

ここでいう「基礎力」とは知識をたくさん持っている、

というだけではありません。

それを操る工夫力である「知力」を

持っているということです。

それが合否を分けるカギになります。

わたしが思う「知力」とは、

ゆっくり、時間をかけて育てるものだと思っています。

この時期を迎えるには

3年間かけて、机上で多くの知識を頭に入れねばなりません。

その過程には子どもを叱り、

考えさせることが必要なこともあるでしょう。

しかし、できるだけ、

子どもが、子どもの心で、

自然と当たり前のように

受け入れられる状態にして育てること。

わたしはこれをもっとも大切にしています。

受験期であっても、それを大切にすることが

大人としての役割だとも思っています。


今回取り上げる分数は、

わたしがいう「知力」を育てる絶好の体験のひとつです。

生活の中で体験できる機会がたくさんあります。

親子で、楽しみながらできる先行体験の

代表的な項目のひとつです。


前回取り上げた図形の性質を体験する題材を

そのままこの体験に取り入れてみると

折り紙、

円形のハム、食パン、

タオル、ハンカチ、

お豆腐、アゲ…


その図形を折ったり、

立体を切ったりする際に

「全体を二分の一にしてくれる」

「お豆腐はまずは4等分して、

それからそれをさらに2分の1にする。

そうすると、8等分になったね」

「今夜は4人分の夕食だから、

○○は4等分してくれる」

前回のように形に注目した声掛けでも、

今回のような等分、配分に注目し、

違った角度で体験させてあげることができます。

これらの体験を積み重ね

少し慣れてきたら

前回と今回の内容を融合させて

円の中心点を通る直線で切ると、円は「2分の1」になる。

その線を直径と呼んだよ、なんて言葉をかけてあげることもできますね。


長い時間をかけて、

コツコツと積み上げていく、

ということを大切にしてあげてください。

次回は分数から派生した割合を取り上げてみます。

(このシリーズは毎週月曜日、または金曜日に更新しています)

小学校に入る前に、この先行体験を!その4
図形の先行体験

日常生活の中には、

図形を体験できることがたくさんあります。

折り紙はもちろんのこと、

円形のハム、食パン、

タオル、ハンカチ、

お豆腐、アゲ…


その図形を切ったり、折ったりすることで、

その形の性質を知ったり、その性質をいかした活用方法などが

少しずつわかってきます。


お子さんが体験を通して、平面図形に

ちょっと興味をもったなあ、と感じたら、

その図形の性質を伝えます。

ここでは参考書やインターネット上の情報を

与えてあげてください。


次回は分数です。

小学校に入る前に、この先行体験を!その3
ドラえもん、コナンなど
キャラクターをいかした書籍がたくさんあります。

どうして、キャラクターが必要か。ですが、

子どもが「学習する」という気持ちにならずにすむからです。

子どもにとっても、親にとっても
「勉強する」「勉強させる」と
いうのは、ちょっと息苦しいところがあります。
(本当はこれではいけないのですが・・・)

なぜなら、「勉強」とは
知らないことをわかろうとすることだからです。

大人が何かを学ぶ場合、
「○○のために」と目的があります。

しかし、子どもの場合、
「必要ではない」ことを
吸収しなければなりません。

そのうえ、万が一理解できなかったり、
学ぶことを「いやだ!」といえば
母の期限を損なうことがありますね。

そんな小さな「いやだなぁ」を積み重ねるうちに
「勉強っていやだなぁ」と思いこんでしまう。


そこで、子どもにそんな思いを感じないようにしたり、
子どもの心を前向きにするために、
感情移入しやすいキャラクターを使っていっているのでしょう。

キャラクターが問題を解く。

もし、まちがえていたら教えてあげてくれる?

このように、
キャラクターを助けてあげる気持ちが持たせることもできます。

きっと、お子さんは、
「しかたないなあ」といいながらも、
前向きに取り組んでくれるはずです。

さて、ここでお気づきかもしれませんが、
キャラクターを使った書籍を買わなくても
できることがたくさんあります。

寝る前のお話に
お子さんの好きなキャラクターを登場させ
お話を作ってあげる。
そのお話に、疑似体験を盛り込んでおく。

たとえば
「ドラえもんがクリスマスケーキを買いに行ったんだって、のび太君から200円預かっていったんだけど、ケーキ屋さんに合ったケーキはなんと350円だった。ドラえもんはどこでもドアを出して急いで家に戻ったんだけど、あれれ、のび太君にいくらもらえばいいのかな」というようにです。

(この体験はひき算に役立ちます。このようにお金を使えば、100の位、10の位、1の位をお金で考えることができます。学校で学習していなくても考えられるようになりますね)

また、コナンがクリスマスのホールケーキを人数分に切り分けてほしいと言われたんだけど、よく見ると、ケーキの上には10個のイチゴが円形に飾り付けられていたんだけど、5人にわけるには1人に何個ずつのイチゴを…」というようにです。
(分数、わり算などの体験です。学校で学ぶ前に、日常で「等分」「配分」などを体験させておきたいですね)


このように、
暗い部屋でコナンの話をしながら、
こんなクイズのような問題を出してみる。
お話がどんどん膨らんで楽しくなりそうですね。

では、素敵なクリスマスをお過ごしくださいね。

次回も先行体験の工夫をご紹介したいと思います。

小学校に入る前に、この先行体験を!その2
できる子を作る3つのポイント

中学受験をされる、されないに関わらず、

【ポイント1】

(学習面、メンタル面の両方について)知識を獲得させ、思考力を身につけさせること

(学習面の知識)とは、基礎力となる力
漢字、計算、体験から得られる日常生活に当たり前のように体験できる知識。


(メンタル面)については【ポイント3】で↓↓↓

【ポイント2】

学習する習慣は、年齢を問わず大切で、当たり前とすること

このポイントを達成するには
先行体験を「楽しいわくわく体験」にする工夫が必要ですね。

お子さんが「楽しそう」だったら
そのために必要な方法が
短い時間を使って繰り返し、繰り返し反復すること。
です。

【ポイント3】

メンタル面の育成を積み重ねていくこと

まず、(メンタル面)の育成とは

お子さんがどんなことが好きか!
どんなことが苦手なのか、を
小学1年生か2年生のころまでに
観察して、
好きなことを伸ばす先行体験を繰りかえすようにします。

また、苦手意識を持ちそうなものは
まずは、モチベーションが上がるように
無理をしないように気をつけることが大切です。

いや、いやが出たときは、
まだまだ言葉で表現できないので、
「どうして嫌なんだろうね」と
気持ちを体験させる機会にしながら、
乗り越える工夫をみつけられるようになればいいですね。

なんだか遠回りに感じるかもしれませんが
この法則を無視して
机上での学習に偏りすぎると

・その子にとって大切なものを傷つけたり、

・幼児から体験したこと、学んだことが、
小学生の高学年やさらには
25歳の彼らの役に立たなくなってしまいます。

まずは、親が子どもを注目すること。
そっとそばに寄り添って、良い点はのばし、
弱点はフォローし支えること。
考える機会を作るようにします。




次回から少しずつ
算数のできる子を作る先行体験をご紹介していきますね。

小学校に入る前に、この先行体験を!その1
土台を作る先行体験編
 「小学校入学前にやっておきたい」先行体験 1
(「お受験」練習帳の活用法は毎週月曜または金曜配信・計20回を予定)
掲載終了後には、素敵なオフ会(意見交換会)を検討中です。
母親みんなで、子どもたちの基礎学力の芽を育てられたらと思っています。


では、今回は実践編に入る前のオリエンテーションにいたしましょう。

まず、このブログ内容について。

ご紹介する「先行体験」は

お子さんが机上でやる気の種を開かせる工夫です。
決して難しいことではありません。
日常生活の何気ない工夫でできることです。

また、中学受験指導に30数年携わってきた
吉本 笑子の経験をもとに、
20数年前から現場で実践してきたものです。

今回は掲載時期を考慮して
「小学校就学前」と限定していますが、
中学受験、公立一貫校受験、そして、
就学後でもあっても活用いただけます。

たとえば、就学時や塾指導で、
ある教科の特定の項目に苦手意識を持ってしまった場合は、
該当する学習項目に関する「先行体験」を活用いただけます。


次に、お子さんが小学校に入られて
われわれが、いちばん怖いことについて


それは、学年が上がるごとに
「ある教科のある特定の項目に、
ちょっとしたきっかけで苦手意識をもってしまうこと」



この場合、その項目が決してできないのではないのが厄介なのです。
つまり、学力ではなく、「意識」=「気持ち」が
「考える」前に「わからない」「できない」を引き出してしまうのです。

このケースの場合、
心のドアを開くのに
大変な時間を要することが多々あります。
また、家庭教師などをつけるなど
迎えに行く指導、水を引き込む指導が必要になってしまいます。

もうひとつは、
「面倒くさい」
世の中がどんどん便利になってきたのと
比例するように
「面倒くさい」に勝てない子が増えています。
「面倒くさい」はあらゆる教科に影響を与えます。

そして、この壁を超えるためにも
壁を一緒に乗り越える
家庭教師や個別指導が必要になることが多々あります。

また、「面倒くさい」は
この2月から塾通いを始めようとされている方にも要注意です。
なぜなら、大手進学塾では「スピード」を重視する指導があり、

この2つの壁が高ければ高いほど、お子さんは
「問題文を読んで考える」
「知識を頭に入れることができても、それを扱って問題を解く」などが
できなくなります。
つまり、塾に行く目的の、「学力を伸ばす」まで行きつけないのです。

また、家庭教師をつければ、とお考えになると思いますが、
それでは解決できない問題点があります。(またどこかでお話します)

ですから、
就学後、特に小学5年生、6年生のお子さんを持つご父兄の中には
この2つに苦しめられている方が多いはずです。


そして、同じく指導現場でこの壁に苦しんだのが「吉本 笑子」です。
そこで、悪戦苦闘の結果、開発したのが
現在の「先行体験」の様々な工夫です。

◆先行体験について

当方では、
できるだけ早い時期の「先行体験」をお勧めしています。

次回から19回にわたってその工夫をご紹介する予定ですが、
それらは、日常生活を使ってできることばかりです。


ただし、つぎのことに気をつけてください。
それは、子どものやる気を引き出そうとする場合も同じですが、
「教えよう」「できたかどうかチェックしよう」と
しないようにすることです。
そして、つぎの点に気をつけてください。


「先行体験」の効果大にさせる3つの大原則


 崟莵埖慮魁廚蓮岾擇靴ぁΔ錣わく」体験であること。
▲ぅ瓠璽犬噺贏辰鯑瓜に会得してもらうこと。
お子さんが笑顔なら効果大です。
 お子さんの目が真剣なら効果大です。
 お子さんがいやいやなら中断します。

ナビゲーター役のわたしも 
「楽しい・わくわく体験」をしながら
この工夫を考え、ブログを書きます。
提案した工夫をできるだけ多くのお母さまに
実践していただける工夫を提案したいと思います。

ママたちもがんばってくださいね。

では、次回から実践編にはいりましょう。