<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その8
整理整頓 冷蔵庫野菜室から です。

野菜室の温度や冷蔵庫の仕組みに注目しながら

今回は「タマネギ」に注目。


ただし、タマネギは本来は冷蔵庫の野菜室でも
寒がるそうです。
だから、冷蔵庫に入れない方がいいようです。
(by 料理研究家の談話より)

ここでお子さんと
「どうして冷蔵庫に入れない方がいいのかな」
なんて会話の寄り道はいかがですか。

「調べてみようか」
「うん」
「ところで、どこで調べればわかるかな」
「インターネットでしょ」
「インターネットのどこで調べればいいかな」
「タマネギ、冷蔵庫っていれて検索してみたら」

そんな会話はいかがでしょう。
想像するだけでも楽しくなりますね。

★わたしは家電メーカーのサイトを
活用させていただきましたが。

tamanegi

タマネギも1年中目にする野菜のひとつですが

何科の植物なのでしょう。

ユリ科です。

上の写真をみると、
葉が縦にスーッとさけるのがわかります。
単子葉の仲間ですね。

tamanegi2

では、タマネギはどの部分を食べているのでしょうか。

わたしたちが食べている部分は「葉」

また、タマネギというのは
「玉になるネギ」という意味。
つまり、タマネギの葉は写真でもわかるように筒状。
切れば輪になる
その葉が根元までつまって玉になっている。


では、タマネギの旬はいつなのでしょう。

9月から11月なのだそうです。

旬のはじまりのころのタマネギは
みずみずしく、からみが強い。

逆に終わりの頃になると
水分が切れ、あまみが増す。

産地は北海道。

さて、ここでおすすめの先行体験です。

タマネギといえば
あのパリパリとした茶色い皮。
想像以上に乾燥しているように感じます。

「乾燥」から原産地は、と考えてみると
中央アジアでした。
厳しい環境を乗り越えるために
あのような玉になることを
考えたのでしょうね。

中央アジア、乾燥地帯から
どんな地域なのか、
グーグルアースなどを使って
実際に目で確認させてあげてはいかがでしょうか。

乾燥地帯とはこのような場所なのか、と
理解が深まるのではないでしょうか。


次回はジャガイモについて
お話したいと思います。

今回は動画配信はございません。


このブログは毎週金曜日・または土曜日に更新予定です。

小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その7
整理整頓 冷蔵庫野菜室から です。

野菜室の温度や冷蔵庫の仕組みに注目しながら

今回は「レタス」に注目。



レタスも1年中目にする野菜のひとつですが

何科の植物なのでしょう。

キク科です。
花を見ればキク科だとわかりますね。
lettuce

写真;市川自然博物館

キク科の植物だから包丁をつかわない

タンポポもキク科の植物。

切り口から白い乳のようなものがでます。
これはレタスにふくまれるフェール物質、
この物質は、
包丁の鉄と反応してしまう。
だから、レタスは手でちぎるんだよ。

お子さんとそんな会話ができ、
さらに受験への先行体験にもなるお話ですね。


専門家の方にうかがうと
できるだけ「旬」を知り、
その時期に食べるよう工夫すること


そうすれば野菜は、
サプリメントの何倍も
健康な体づくりに良い影響を与えてくれるのだそうです。

これはトマトのお話でもお伝えしました。

では、レタスの旬はいつなのでしょう。
1年中でまわっているので
わかりにくいですが
4月から5月なのだそうです。

旬のはじまりのころのレタスは
みずみずしいといいます。

逆に終わりの頃になると
繊維が張って、葉全体が厚くなるそうです。

出始めと終わりごろのレタスの食感などを
記録しておいて比べてみるのも
おすすめの先行体験です。

「繊維」が太い、細いを体験させるには
外側3枚目くらいまでの葉と
内側の葉を比べてみるとよくわかります。

また、産地別に食感を体験してみるのもいいですね。


次回はタマネギについて
お話したいと思います。

今回は動画配信はございません。


このブログは毎週金曜日・または土曜日に更新予定です。

小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その6
整理整頓 冷蔵庫野菜室から です。

野菜室の温度や冷蔵庫の仕組みに注目しながら

今回は「トマト」に注目。



トマト、1年中目にする野菜のひとつですが

何科の植物なのでしょう。

ナス科です。
ナスの花の色はムラサキ。

トマトの花の色黄色

tomatohana
http://mitomphoto.exblog.jp/22425475/ by Mitutomo Shashinbu

そして、トマトのおしりを見ると
白い筋が入っていますね。


tomato_2

この筋の数と、
種が詰まっている部屋の部分の数が
一致しているというのです。

tomato


夕食のひと時
トマトを食べながら、
または、お買い物のとき
トマトを手にして



トマトのおしりの白い線のかずだけ
赤ちゃん部屋があるんだって。
この部屋の数が多いということは
子だくさんだということだから
筋が多ければ多いほど生命力のあるトマトだとわかるんだって。

たしかめてみようか。
(切断面を体験させる先行体験にもなりますね)

また、トマトは熟すと
甘くなるでしょ。
そうすると、甘いにおいに引き寄せられて
虫が寄ってくるでしょ。

お母さんトマトは
虫から必死でわが子(種)を守るため、
皮を厚くするんですって。


なんてお子さんと話したり、体験したり。
想像するだけで楽しそうですね。


専門家の方にうかがうと
できるだけ「旬」を知り、
その時期に食べるよう工夫すること


そうすれば野菜は、
サプリメントの何倍も
健康な体づくりに良い影響を与えてくれるのだそうです。

日本では、
春に種をまいて
夏に収穫することが多いトマトだけど、
実は、
トマトの原産地は
南米アンデスの山岳地帯なんだって。
山岳地帯って、平地ではないよね。
朝晩は寒暖の差が激しくて
荒れた土地なんだって。


そんな土地で生まれたトマトなんだけど
日本の気候で育てるのは適しているのかな。


生徒にそんな話をすると
「アンデスってどこ」
「山岳地帯って山でしょ。山にトマト?不思議…」
「日本でトマトの産地といえば
 熊本、愛知、茨城、北海道も有名だよ」
そんな会話が飛び出します。


トマトは気温20度、湿度75%を超えると
育ちにくいそうですよ。と付け加えてあげると
日本でのトマトの産地と気温の関係もわかってくるようです。

食卓でよく目にする野菜だけに、
旬を知り
健康づくりに役立てながら
どんな土地で生まれた野菜か、
その土地はどんな気候なのか、
気温は、湿度は、と考えれば
お子さんに
国語算数理科社会の先行体験を
していただけますよね。


次回はレタスについて
お話したいと思います。

今回は動画配信はございません。


このブログは毎週金曜日・または土曜日に更新予定です。

小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その4
受験勉強(中学・高校・大学)の前に
身に付けておきたい力+プラス先行体験

整理整頓 その4 野菜や果物の入れ方から 。です。


お子さんとの冷蔵庫の整理整頓は
いかがだったでしょうか。

きっと楽しいひと時だったことでしょう。

また、きれいに片付いた冷蔵庫は
お子さんに
その後も整理整頓を
促してくれるのではないでしょうか。

今回は、冷蔵庫の野菜についてです。

わたしは年長さんの先行体験は
この冷蔵庫の整理整頓からスタートさせます。

そして、野菜。
野菜から季節。
植物から昆虫、数的概念や感覚、
語彙力、産地から地理や歴史と
たくさんのものに派生させていくようにしています。

今回は
冷蔵庫の野菜の話に入る前に
季節と野菜の関係をちょっとお話させてください。


6月になりましたが
野菜の先行体験には必ずと言っていいほど
二十四節季をともなわせることができません。

店先には「ソラマメ」がでまわってきましたね。

ソラマメは
新石器時代の遺跡から出土したといわれるほど
古い時代からあった野菜として有名です。

ソラマメの栽培条件は気温が15度から25度、
湿度は50%以下とされています。

鹿児島は地温が高いので3月でも育つのですが
関東地方の産地である茨城では
6月が旬になります。

この温度を知っていると
保存方法がわかりますね。

さやから出さずに
冷蔵庫の野菜室です。

つぎに、夏野菜、キュウリについてです。

キュウリといえば
めしべの先が3つにわかれています。
cucumber_1

このめしべの先が、
キュウリの実の部屋とそれぞれつながっているので
お子さんに
キュウリを縦割りにした際に
種とめしべの先のお話をしていただくといいですね。

また、めしべの先についた花粉は
めしべの中から伸びて来た花粉管という
エレベーターのような管にのって、
めしべのおなかの中をおりていきます。
そして、それぞれの部屋に分かれて
赤ちゃんである種をつくっていくのです。

そんなお話をされてはいかがでしょうか。

また、キュウリが生まれたのは
インド ヒマラヤ山脈のあたりだといわれています。

地図を広げて
日本の主要産地(宮崎・愛知・埼玉・茨城・福島)に
ついてお話をしてあげてもよいですよね。


へそ町おばけだらけ、GUN×2(グングン)講座は
毎週金曜日か土曜日に公開予定です。

よろしかったら活用なさってください。

上記の内容のついての動画は↓↓↓↓↓こちらから
おばけへそ町のおばけ、ぽんコチさんをクリックしてね

pon

小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その3
受験勉強(中学・高校・大学)の前に
身に付けておきたい力についての第3回、
整理整頓を通して学力アップ その3。です。

整理整頓を気持ちよいものだと体験し、
その能力を学習に活かす!

今回も、先行体験を含ませた整理整頓の具体例をご紹介します。


◆ 片づける際に目にする食材を手にして ◆

(動画の内容とは多少ちがっております)

(  )内の語彙・理科などはその内容が含まれる学習科目名です。
(1)整理整頓をしながら
 
(2)冷蔵庫に入っているもののパッケージを確認しながら
   できる先行体験について
  
  (理科)

  ・お味噌って大豆からできているんだよ。
  ・お醤油もだよ
  ・「じゃぁ、ソースは?」
  ・「調べてみようか」
  ・バターは何でできているの
  
  (社会)
  ・どこでつくられたの
  ・どこに工場があるの

  (算数)
  ・商品の重さ、また質量など
  ・重さ・量比べ
  ・「かさ」体験

  では、次回は、冷蔵庫の整理整頓をしながら
 立体感覚の土台を磨く
 先行体験をご紹介したいと思います。

今回はおばけの世界はお休みです。

へそ町おばけだらけ、
GUN×2(グングン)講座は
毎週金曜日か土曜日に公開予定です。


上記の内容についての動画は↓↓↓↓↓こちらから
おばけへそ町のおばけ、ぽんコチさんをクリックしてね

pon



小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その2
受験勉強(中学・高校・大学)の前に
身に付けておきたい力についての
第2回、整理整頓 その2。です。

整理整頓を気持ちよいものだと体験し、
その能力を学習に活かす!

今回は、先行体験を含ませた整理整頓の具体例をご紹介します。


◆ 片づける際に目にする食材を手にして ◆

(動画の内容とは多少ちがっております)

(  )内の語彙・理科などはその内容が含まれる学習科目名です。

(1)冷やして保存する目的を考えさせます。
 
 目的は「食品の衛生性」です。
 

・「衛生性とはね、
菌がつかないようにすることだよ」(語彙)

・「ばい菌の多くはね、10度以下で動きがとまって、
 
・マイナス15度を超えると、完全に動きがとまっちゃう。
  フリーズしちゃうんだね。」(理科・気温)
 
・「反対に気温が10度超えると、
仲間を増やそうとして
  一生懸命活動するんだよ」(理科・気温)

・「冷蔵庫の中は0度から10度以下、
冷凍庫は18度以下なんだって、
 だから、食品は菌に
やっつけられずに長持ちするんだね。」

 でもね…

と、ここでクイズ形式でお話をされてはどうでしょう。

・涼しい冷蔵庫の中だったら菌は死んでしまうかな。

そんな声掛けをして考えさせます。
そのとき、ばい菌とはどんなものかを知る必要がありますね。
情報を集めてから考えることを伝えてあげてください。

〇ばい菌は死んだわけではないこと
〇 冷蔵や冷凍が必要な食品は、
 なるべく早く食べてほう (理科)


では、次回は、冷蔵庫内の各エリアの一覧を
活用しながら、
いよいよ庫内の整理整頓と清掃をしながら
できる先行体験をご紹介したいと思います。


今回も客観的に体験できるように
おばけのストーリ―の動画を
一緒に公開しておきます。

一度試していただいてはどうでしょうか。

へそ町おばけだらけ、
GUN×2(グングン)講座は
毎週金曜日か土曜日に公開予定です。


上記の内容についての動画は↓↓↓↓↓こちらから
おばけへそ町のおばけ、ぽんコチさんをクリックしてね

pon


よりよい学び方 GUN×2講座 配信開始です!
「勉強しなさい!」と声を上げてやらせても

 いわれてやる勉強はどこかが足りなですね。

 すべてがわかっていなくとも、
 ほんの一部でも、
 「自分で」やろうとしたことは
 どこかがほんもの
です。

 そこで花マル笑子塾では、
 そのほんものへのスイッチがはいるよう
 工夫してきたのが
 「お化けの世界です」

 おばけの世界を通して
 自分を見つめなおす。
 国語の読解力の基礎をつける。
 そんな工夫をしてきました。

 今回は
 「GUN×2講座 よりよい学び方を無理なく訓練する」と題して
 動画とおばけの世界の一部を公開させていただきます。

 お子さんに言葉で何かを伝える方法もありますが、
 おばけの世界を楽しみながら
 「あれれ、あれはちょっとだめだね」
 「じゃぁ、〇〇ちゃんならどうする」
 「おばけに負けちゃうよ」
 「あのおばけ、ここでミスをしたよね。なぜだっけ」
 「あのおばけみたいになりたくないよね。どうすればいい」
 などなど。
 
 継続して視聴していただくことが大切ですが
 コツコツと、日常会話を活用して
 お子さんと話をしていただければ
 よりよい学び方の発見につながるよう工夫されてます。



 より豊かな親子の会話とお子さんのよりよい学び方の訓練に
 活用いただければ嬉しく思います。

 ブロクの更新と同時に、
GUN×2講座の動画、へそ町おばけだらけも更新の予定です。
 また、もしよろしかったら
 花マルちゃんねるのチャンネル登録をお願いします。
  
gungun

小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その1
今回から、受験勉強(中学・高校・大学)の前に
身に付けておきた力についてお話したいと思います。

まず、第1回、強敵、めんどうくさいに勝つには。です。

この便利な世の中、
目的もはっきりとわからない子どもたちが
コツコツと学習をするのは
面倒なことに違いありません。

10年前とはちがい
この面倒くさいと思う気持ちが
子ども学力育成を阻んでいることは明らかです。

ならば、私たち親もその時代に合わせて
子どもたちのもって生まれた力を
伸ばしていく工夫を考えねばなりませんね。

言葉で言ってもなかなか続かないものです。
幼少期はよかったけれど、
自我が目覚めると…
と、言う声はよく聞きます。

整理整頓の習慣を活用して
気持ちよさを体験できるよう工夫をしてみてください。

お手伝いでもよいのではないでしょうか。
リビングの一角の整理整頓をお子さんに任せる、
「きれいね」
「〇〇はあったかしら。どこにあるかわかる」
と声をかけ、お子さんに持ってきてもらう。
「あら、すごいすぐに取り出せるのね」
とほめる。

そんなことを体験するうちに
片付いていることが気持ちよくなります
反対に片付いていないことが
落ち着かなくなる。

こうして整理整頓の習慣を積み上げていくのですが、

親も忙しいのでついつい言葉で指示をしてしまう。

そんな親御さんの声に応じて、
わたしもできることはないか、とはじまったのが
おばけの世界でした。

おばけのストーリーをつくり、
そのキャラクターを反面教師にしながら
自分は…と考えさせる。

一度試していただいてはどうでしょうか。

へそ町おばけだらけ、GUN×2(グングン)講座は
毎週金曜日か土曜日に公開予定です。

よろしかったら活用なさってください。

上記の内容についての動画は↓↓↓↓↓こちらから
おばけへそ町のおばけ、ぽんコチさんをクリックしてね

pon