<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 先行体験の大切さ | main | 小林麻央さんのご逝去を受けて >>
Archives
小学5年生までに、この力をを!GUN×2;講座その7
整理整頓 冷蔵庫野菜室から です。

野菜室の温度や冷蔵庫の仕組みに注目しながら

今回は「レタス」に注目。



レタスも1年中目にする野菜のひとつですが

何科の植物なのでしょう。

キク科です。
花を見ればキク科だとわかりますね。
lettuce

写真;市川自然博物館

キク科の植物だから包丁をつかわない

タンポポもキク科の植物。

切り口から白い乳のようなものがでます。
これはレタスにふくまれるフェール物質、
この物質は、
包丁の鉄と反応してしまう。
だから、レタスは手でちぎるんだよ。

お子さんとそんな会話ができ、
さらに受験への先行体験にもなるお話ですね。


専門家の方にうかがうと
できるだけ「旬」を知り、
その時期に食べるよう工夫すること


そうすれば野菜は、
サプリメントの何倍も
健康な体づくりに良い影響を与えてくれるのだそうです。

これはトマトのお話でもお伝えしました。

では、レタスの旬はいつなのでしょう。
1年中でまわっているので
わかりにくいですが
4月から5月なのだそうです。

旬のはじまりのころのレタスは
みずみずしいといいます。

逆に終わりの頃になると
繊維が張って、葉全体が厚くなるそうです。

出始めと終わりごろのレタスの食感などを
記録しておいて比べてみるのも
おすすめの先行体験です。

「繊維」が太い、細いを体験させるには
外側3枚目くらいまでの葉と
内側の葉を比べてみるとよくわかります。

また、産地別に食感を体験してみるのもいいですね。


次回はタマネギについて
お話したいと思います。

今回は動画配信はございません。


このブログは毎週金曜日・または土曜日に更新予定です。

この記事のトラックバックURL
トラックバック