<< March 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Archives
親力って!
受験が終わり、

きらきらと輝く教え子たちの背中を見ると、

ああ、よくがんばったなあ、と

子どもたちとご両親に感謝をします。


中学進学は義務教育範囲ですから、

本来、受験は必要のないものです。

ですが、あえてその道を選んだからには、

何かしら「よかった!」「受験の時の経験のおかげで」と

思えるものにすることが

大切だと考えています。

それが一人の子どもに関わる大人の役割だも思っています。



親力という言葉をよく耳にしますね。

その力のひとつに、

「学ぶ喜び」を子どもたちが気づかせること、

があると考えています。


そのために2つお伝えしたいことがあります。

まずは、学習への入口の選択です。

わたしはこれを先行体験といっていますが、

子どもさんにあった学習の道を

しっかりと選択してあげることが大切です。

一般的な流れの中で、ふと足を滑らして

流れに飲み込まれない工夫が必要です。



そのためにも、お子さんをしっかりと見て、

機会を選択していかねばなりませんよね。



もうひとつは考え方です。

学習にはいろんな壁がありますから、

ときには、子どもが歩くのをいやがることもあるでしょう。

転んでしまうこともあるでしょう。

そのとき、子どもに、

二度と失敗しないように伝えることよりも、

歩くのを嫌がったことや転んだことを

経験ととらえ、

その機会を活かす工夫や力を与えるのが親力だと思うのです。

子どもに与えられた機会を活かし、

子どものさらなる可能性を広げていくこと

親が子どもにしてやれる大切なことではないでしょうか。





子育ても勉強がはいり、さらに受験がはってくると

気づけば、親は

子どもができるだけ転ばないように、

できるだけ嫌がらないようにすること、

に力を注いでしまっていることがあります。


ここは気をつけておきたいものですね。


受験をお考えなら、

親としての考え方をしっかりと整えておいてください。

また、お子さんを知ることも大切です、

情報に振り回されずに、

されど情報を活用する力が必要です。


塾や学校など、全体を基準にした子どもさんの評価に直面したとき、

その結果が良くても、悪くても

親力が鈍らないように気をつけてくださいね。