<< May 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
7月お母さんの勉強室について
ニコニコこんにちは。

本日は、7月開催予定「お母さんの勉強室」についてお知らせです。

誠に勝手ながら、

この勉強会は

参加ご希望の登録フォームに記載をいただいた内容を

当方が拝読し、

この勉強会に参加いただくにあたり、

お子さんにとってまだ早いのではないか、

別な方法のほうが良いのではないか。

などを検討させていただいた上で

参加をお勧めするかどうかを決めさせていただいております。

赤りんご7月の勉強会についても

登録をご希望いただきました方には、

このような方法で参加をお勧めしたり、

他の方法をご提案したりしてまいりました。

ですが、4月末日にて

すでに予定を越えておりますので、

5月13日をもって

応募者多数につき満席とさせていただきます。


今回の勉強会への参加をお勧めしなかったお母さまにも

また別の勉強会にて当方がお役に立てていただける場合は

お声をかけさせていただきます。

その際は、これに懲りず

ご参加くださいますようお願い申し上げます。

また、勉強会に参加をご予定いただいているお母さまには、

少しでも多くのご質問に

吉本がお応えできますよう工夫させていただきたいと思います。


最後に、今後のお母さんの勉強室については、

HPにてご紹介したいと思います。

それでは、みなさん、お会いできる日を楽しみにしております。

講座・講演会事務局

成績って!
おはな楽しみにしてたゴールデンウィークです。

お天気にも恵まれる日が多いそうですから、

どうかお子さんと笑顔で、

素敵な体験をなさってくださいね。拍手


そこで、ママの心の荷物を

ちょっとおろしてもらうお話をしたいと思います。



ペンお子さんの成績についてです。

お子さんの成績がよかったら、

お母さまは、

成績のどこに信頼をおいて

わが子に接していらっしゃるのでしょうか。


反対に成績が悪るかったら、

お母さまは、

何を基準にわが子を叱ったり、

注意をされているのでしょうか。



わたしは、

世間一般的に

とても成績の良い子と言われるお子さんに

囲まれて暮らしているといっても

過言ではありません。


そんなわたしはいつも思っています。


成績という基準は

子どもの成長のヒントにのみ

活用するべきだ!と。


なぜなら、できるようになりたくない子はいないからです。

誰しも、勉強はできるようになりたいと思っています。

勉強がわかると楽しいんだとわかっているからです。

成績がいいとお父さんやお母さんが

喜んでくれるとわかっているからです。

それでも、成績が取れない、勉強に気持ちが向かないのには、

必ずや原因があるはずです。


だからこそ、

成績が悪くとも、成績が良くとも、

その結果を子どもの成長につなげることが

親御さんやわたしたちの役割ではないでしょうか。


できないことに出合ったら、

チャンス!

それを乗り越えられるようなサポートをしてあげてくださいね。