<< August 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Archives
計算ミスを考える。
最近、算数が苦手だという子が増えてきたように思えます。

その理由を聞いていると、

「テストで点数が悪いから」と答える子が少なくありません!


花マル笑子塾では、

今年、初めの試みとして、講座受講生の生徒さんを対象に、

9月に「計算大会」を実施します。

この大会の開催を決めた理由は、

計算が苦手だと思っている子の大半が、

実はミスが、得点できない原因の多くを占めているのに

それを改善する練習方法に気づいてないと感じたからです。


計算は作業とお考えの方が多いですが、

使い方によっては、

考える力を育てる好材料になります。

なぜなら、まず、計算ミスはご存じのとおり

集中力が切れたところで出やすいですよね。

ですから、ミスをした際に

自分の計算の軌跡をていねいにふり返れば、

自分の集中力がどこで切れたのか、

どのくらい維持できるか、を知ることができます。

集中力が切れるには、

きっと何か原因があったはずです。

それを知り、取りのぞけば

集中時間は長くなり、

ミスも少なくなるはずです。



また、計算を通して自分の癖を知ることができます。

例をあげてみると

ー分ではその理由はわからないが、

なぜか、転記の際に間違える子。

15を5と書いてしまったり、

+を−と書き違えたりすることです

∋預Ш合計算になると引き算・わり算で多くミスをする子

I算したことでミスをしてしまう子

などなどです。


目は計算用紙を見ている。

手はすらすらと計算式を書いているのに、

ということもあります。


この経験をうまく活用すれば

原因をしっかりと見極めて対策を取れば

解決できるものがたくさんあることを伝えることができます。



子どもの中には、自分の導いた解答に〇がつかないと、

そのミスを探して、その原因を追求することを嫌がる子がいます。

まちがっているとわかると、

その計算のずべてを消してしまう子がいます。

これは実にもったいないのです。



消さずに「自分のミスを追いもとめる好材料がそこにある」と考え、

じっくり考える機会にしてほしいですね。


このように、

あえて、思考力を高める問題集を与えなくとも

今やっていることをちょっと工夫すれば

それらの力を育てることができますね。


そして、考える力、集中力を育てたいとお考えなら

計算練習は急かさないようにしてあげてください。

また、〇ばかりに注目せず、

ポッ(まちがえたところ)が大切だと伝える

ようにしてください。

そして、ミスと向き合わせるときは、

ぜひ、親御さんのサポートをお願いしたいと思います。