<< December 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Latest Entry
Archives
過去問について
中学受験生のみなさんは

過去問を懸命に解いていらっしゃる時期ではないでしょうか。

志望校の過去問を解いて、

点数が合格者平均に届いていない!

そういう方がいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、ワンポイントです。

ー験校の過去の試験でどの程度
点数を取ることができるかを知ることは大切です。

しかし、点数ばかりに気を取られていては
弱点補強ができません。

そこで、お子さんの答案を確認し、
残りの期間になにをすればよいかを
考えてください。

点数が悪い、どうしたらいいんだ、
どうしよう…と、そこにばかり気を取られず!
対策をお願いしたいと思います。

◆_甬醋笋亡靴譴討たら…
解けるとわかっている問題は
解かなくてもいいです。

私どもの生徒はかなり成績がよいこともあり
できる!と思った問題はカットして
できない、不安な問題や分野のものに
時間を割くようにしています。

今の時期、
1日が48時間あっても足りないくらいです。
時間を大切に使う工夫を
お勧めします。

 大切な時間を何に使うかを
可視化しておきましょう。

過去問を解くといっても
受験校の数×4教科、または2教科×掲載年度分が必要です。

特に、算数・理科(一部)は2回、3回と
解いておきたい場合があります。

また、ある学校の1年分を解こうと考えた場合も、
1教科30分〜50分×2教科、または4教科の時間が必要です。
解くだけでも数時間はかかります。

また、その直しまでを終えると考えると、
半日仕事になることもあるのではないでしょうか。

そこで、1月初旬までの使える時間と
何年度分の過去問を解く必要があるか、
その直しにどの程度時間を割く必要があるか、
などを書き出してみてください。

それをカレンダーにあてはめてみると、
ああ、時間が足りない!と
思われるはずです。

そ里僚病蠅鬚匹Δ垢襪。

塾に通われている方は
この時期にきても宿題が出る場合があります。
塾の先生の宿題は薬局で販売されている薬だと
お考えください。

そこで、お子さんと相談をし、
お子さんの症状に合わせた処方箋を確認しましょう。
症状をよりよく改善させには
どんな薬が必要なのか!を考え、
塾の宿題を取捨選択されることをお勧めします。

塾の先生も
おうちの方と同じくらい
お子さんの合格を願っていらっしゃるはずですから、
反対はされないと思います。
大手であればなおさらですね。

もし、取捨選択が不安であれば、
ご相談されることをお勧めします。

では、残り1か月強!
みなさん、手ごたえのある家庭学習を
大切になさってくださいね。