<< March 2015 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Archives
中学受験を考える
私立中学受験をしようかな、と考えるとき、

そのきっかけの多くは、

そこにある環境が魅力的だからではないでしょうか。


そこで、一般的には、

小学3年生の2月から進学塾に通いをさせることになります。

学習は多くの場合、加重方式のもと、

得た知識を使いこなせるようにしながら、

思考力を磨いていきます。


スタートした年(小学4年生のころ)はまだしも、

小学5年生になると、

学習がぐっと難しくなり、

覚えることもウンと増えます。


どの程度暗記できたか、

どの程度基礎が理解できたかを

毎回の授業の前にテストされるのが一般的です。

それ以外にも、毎週、毎月、理解度、定着度を確認するテストがあり、

数か月に1度は、実力をはかる試験があります。

その結果では、必然的に、

順位や偏差値が数字で表され、

親は多かれ少なかれ、その結果に安心したり、不安になったりします。


そんな日々が長く続くと

点数に一喜一憂して、わが子を怒ってしまったり、

点数が取れる学習ばかりを熟してしまったり…


そんな方法に

少なからず違和感を感じながらも、

立ち止まっている時間がないまま

毎日が過ぎていくという感じでしょうか。


そして、さらに親の不安を駆りたてるのは、

わが子の弱点補強ができないことです。


できない問題を何度も解いてできるようにする!

その達成感を経験させたいはずなのに、

そんな時間が取れていないことに気づきます。


長期の休みを使って、講習などに参加して

そこを強化するしかない、と考えます。

ところが、講習は講習でこなさなければならないものがありますから、

なかなか予定した通りにはいかないものです。



わたしは、テストとは、

元来とてもポジティブなものでなければならないと考えています。



その子のそれまでの学習の仕方を振り返る材料であり、

その結果から、今後への具体的な改善案を引き出すものだと考えています。



言い換えれば、テストはレントゲンのようなものですから、

その結果から、

わが子をさらに知り、成長へのヒントを得て

的確な対策を立てることが、

何かを覚えて身に着けることより

大切だったりするのでは、と考えています。


しかし、先ほども触れたように、

毎日の学習に追われる生活、

暗記が多い学習が長く続いてくると

そのものさしが食い違ってきます。


そこで、ときどき、ちょっと立ち止まって

受験をさせようと思ったころのことを思い出してほしいのです。


受験は合格することも大切かもしれないけれど、

その過程で得た経験が

子どもの将来で生きてくるような工夫を心がけることが

なによりも大切だということを


確認してほしいのです。



できないことがあっても、

焦らず、少しずつできるようになるように

手を出したり、ひっこめたりしながら、

その成長を大切にしてあげてほしいと願っています。



「先行体験のすすめ」 題材卵 その2
卵編 その2
(理科 学習するのは小4のころ)
 
 卵にかたい殻があるのは、
 陸上に卵をうむから。

 じゃぁ、この卵はなんのたまご。
 ニワトリの卵。
 b_tamago_2
 
 その成分の約94%が炭酸カルシウム
 
 炭酸カルシウムは、小5の理科でよく耳にする名前ですね。
 
 炭酸カルシウム+塩酸→二酸化炭素

 たとえ、低学年のお子さんであっても、

 「卵の殻は炭酸カルシウムでできているんだよ。」
 「貝殻も同じだよ」
 
料理をしながら、そんな話をしてはどうですか。

机上で、物質として炭酸カルシウムが登場しても、
「あっ、知ってる!」とやる気スイッチが入りそうですね。

また、成分ということばも体験できるのでためしてみてください。

★おまけ

 炭酸カルシウムの含有量94%が
 どのくらいか話ができるとさらによいですね。
 100円の94円分
 100グラムのうちの94グラム。
 そんなわかりやすい例で体験させてあげてください!

「先行体験のすすめ」 題材:卵
キッチン編1-1
題材:卵焼き

■卵の殻を割る
ママ:この殻はなんのためにあるの?
 魚やカエルのように水中に産むと
 殻はいらないんだよ。
 どうしてだと思う?
 
…魚やカエルは、卵を水の中にうむから。
…陸上にたまごをうむ鳥やは虫類のたまごには
からがある。
 殻(から)が卵のなかみの乾燥(かんそう)を防いでいるんだよ

b_tamago_1
これから料理に卵をつかうときは、
何度かこの話をしてみてはどうでしょう。